ヤナセ、中古車在庫の新システムを導入

自動車 テクノロジー ネット

ヤナセは、中古車事業を効率化するため、新しい在庫管理システム「BS-n@vi」(ブランドスクエアナビゲーションシステム)を10月から本格導入したと発表した。
 
新しいシステムは、これまで手作業だった首都圏の中古車商品の仕入れ・商談・受注状況をシステム化することで、事業所の端末上で首都圏全ての車両の詳細情報を確認できる。業務処理の円滑化やマネージメント機能の強化が目的。
 
常時350台を展示しているヤナセブランドスクエア横浜では営業担当員がPDAでシステムに接続すれば展示車両のモデルごとの検索、商談状況、受注などの入力や確認作業もできる。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集