福祉車両販売実績、初のマイナスに…04年度上半期

自動車 ビジネス 企業動向

日本自動車工業会が発表した2004年度上半期(4−9月)の福祉車両販売実績は、バス、小型車、軽四輪車の全ての車種でマイナスとなり、前年同期比6.2%減の1万9326台となった。上半期にマイナスとなったのは統計を公表した2000年度以降、初めて。

車種別では、バスが同24.2%減の2178台と大幅に落ち込んだ。昨年、自動車NOx・PM法やディーゼル排出ガス規制で販売が伸びた反動で大幅マイナスとなった。

軽四輪車は同1.6%減の4176台だった。昨年のレベルが高かったため、マイナスとなった。小型車は同3.9%減の1万2972台だった。昨年、新型車の投入などで需要が盛り上がった反動が現れた。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集