【ITS世界会議名古屋】ダイムラークライスラーの考える車車間通信

自動車 テクノロジー ITS

【ITS世界会議名古屋】ダイムラークライスラーの考える車車間通信
  • 【ITS世界会議名古屋】ダイムラークライスラーの考える車車間通信
  • 【ITS世界会議名古屋】ダイムラークライスラーの考える車車間通信
  • 【ITS世界会議名古屋】ダイムラークライスラーの考える車車間通信
  • 【ITS世界会議名古屋】ダイムラークライスラーの考える車車間通信
ダイムラークライスラーブースでは、同社が研究開発を進める車車間通信のデモンストレーションが行われていた。車車間通信によって、前方の状況を後方に伝達し、それによって渋滞回避や、緊急車両の通過を円滑に伝達しようというものだ。

ダイムラークライスラーが考えるところの「車車間通信のメリット」は、交通安全はもちろん、交通の円滑なマネージメントにある。

つまり、前方の渋滞情報などを車車間通信によって取得し、これを早い段階で後方に次々と伝達していくことで、交通の流れを円滑にする。

また、クルマに不具合や故障が生じて立ち往生した場合、その状態を周囲のクルマにアピールして、故障車が前方にあることを認知させて二次災害の発生を防いだり、ロードサービスに位置を通報して救援を要請する。

道路を文字通り「情報ネットワーク」と進化させ、クルマ自体も情報伝達の一手段とすることで、ドライバーに掛かる負担を低減する狙いがある。

ただし、これらは現状では机上での開発レベル。同社の狙いは欧米や日本での標準化だが、無線方式やその周波数をどうするのかなど、越えなくてはならない課題は山積している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集