次はETC…レンタカーに期待するサービス

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

レンタカーも、ナビを取り付けているクルマが多くなった。次はETCもほしいところだ。

レンタカー各社は、ナビ装着のクルマを用意するようになった。トヨタ『ヴィッツ』や日産『マーチ』、マツダ『デミオ』と言ったベーシックな車種だと、1DINサイズのビルトインタイプのものだったり、ポータブルナビをエアコンの吹き出し口につけたりとその対応は様々。

不慣れな観光地でクルマを利用するユーザーには、地図を借りるよりありがたい装備といえる。

ユーザーは、便利に慣れるとさらなる便利を求めるもの。特に普段自分のクルマにETCをつけて走っているユーザーは、料金所で並ぶ不便を感じているはずだ。レンタカーでも、ETCカードを用意したユーザーには、ETC車載器を付けるといったサービスがそろそろ出てきてもいい。

考えられる問題は、ETCを理解していないユーザーが、自分のクレジットカードをETC車載機に差し込み、料金所でトラブルを起こす可能性か。営業所でユーザーが使用しようとするETCカードを見ることで解決するだろう。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集