バリケロが悲願、母国ブラジルGP優勝めざす

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

バリケロが悲願、母国ブラジルGP優勝めざす
  • バリケロが悲願、母国ブラジルGP優勝めざす
ブラジルで最も人気のある現役F1ドライバーと言えばルーベンス・バリケロ(フェラーリ)。ブラジルGP開幕前木曜日に行われた記者会見で、母国グランプリに対する意気込みを語った。

「このトラックでは残念な結果ばかりに終わっているけれど、あまり気にしていないよ。ここ3戦で2勝マークしているわけだから、インテルラゴスでも勝てると自分に言い聞かせているんだ」

「今週末に向けて非常にポジティブにアプローチしているし、最高のチームの最高のマシンに乗っているんだから、可能性がないわけないじゃないか!」

「インテルラゴスは素晴らしいサーキット。レイアウトはオーバーテイクに最適だし、観客にいいショーが見せられるんじゃないかな」とバリケロ。

今週末の天気予報は雨。昨年は赤旗中断の大荒れとなっただけに、少々不安が残る。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集