【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ

自動車 ニューモデル 新型車

【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
  • 【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
  • 【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
  • 【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
  • 【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
  • 【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
  • 【メルセデス ベンツSLK試乗】その1 フェミニン路線改めパワフル志向に…小沢コージ
新型『SLK』のポイントは明快。「メルセデスらしさの復活」だ。正直、初代はメルセデスひさびさのコンパクト2シーターオープンってこともあって、ついぞかわいく作り過ぎた。実際、女性客にはウケたが男性客が予想より少なく、“メルセデスイズム”とでもいうんでしょうか。弱冠、薄れたキライがあった。

まあ、これが日本車メーカーだったらそれでじゅうぶんに万々歳なんだけどね。そこで担当部長の永久仁一氏は教えてくれた。

「確かに初代SLKは年10万台ペースで、じゅうぶんに成功でした。とくにアメリカは高級2シーターオープンの市場が大きいですし、台数が見込めますんでね。ただ、ハードトップのバリオルーフは新しかったけど、スポーツ性を落としていた部分がありました。また女性がターゲットになっていた部分があって、もっと男性にも乗っていただきたい。具体的に最近ではメルセデスの基本価値で“MB-NESS”というんですが、メルセデスらしい走りと質感を取り戻したい。それがこのモデルのポイントです」

重要視したのはまずエンジンだ。メインの3.5リッターV6 DOHCは完全新設計。排ガス的にユーロ4対応でそれでいて272psを発揮。さらにトピックスはAMG仕様に搭載される5.5リッターV8SOHC。なんと360psを発揮し、まさに“タイヤの付いたエンジン”。SLKのイメージが一新されるグレードである。

トランスミッションは新開発の7速ATを採用。電動ハードトップオープンのバリオルーフもさらに進化させ、開閉時間は22秒に3秒短縮。そのほか、デザイン、質感をさらに引き上げたという。とくにインテリアに関してはクオリティゲートを厳しくしたという。これぞ“真のメルセデスメイドのSLK”というワケだ。(つづく)
《小沢コージ》

編集部おすすめのニュース

特集