シトロエン C3のラインナップと価格を変更

自動車 ニューモデル 新型車

シトロエン・ジャポンは、11月6日から量販車種のシトロエン『C3』のラインナップと価格を変更すると発表した。

C3は2002年10月から日本で販売開始した。これまでの国内のラインナップは「1.4」と「1.6」の2グレードと「スタイルパッケージ」、「コンフォートパッケージ」の2つのオプションを設定していた。今回、人気オプションを標準グレード化して5つのグレードとして価格設定する。

グレードは1.4リットルエンジン車が「1.4」、「1.4スタイルパッケージ」、「1.4コンフォートパッケージ」の3つで、1.4にはフロントフォグランプを標準装備した。1.4スタイルパッケージは、装備内容はそのままで従来のオプション設定よりも1万円、1.4コンフォートパッケージは9000円それぞれ値下げした。

1.6リットルエンジン車は革巻きステアリングホイールなどを装備する従来より1グレード上級の「エクスクルーシブ」を標準に設定した。また、これまでのオプションとして設定していたコンフォートパッケージの装備を標準装備にした「1.6コンフォートパッケージ」を新グレードとして設定した。

今回のラインナップ変更に合わせて全車についてマルチファンクションスクリーンの大型化、インテリアトリムカラーの設定変更のほか、これまで12色設定していたボディカラーを1.4シリーズには13色に増加した。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集