ケーターハム、10年ぶりの新型車…スーパ−7 CSR

自動車 ニューモデル 新型車

ケーターハム、10年ぶりの新型車…スーパ−7 CSR
  • ケーターハム、10年ぶりの新型車…スーパ−7 CSR
  • ケーターハム、10年ぶりの新型車…スーパ−7 CSR
イギリスの『スーパー7』専門メーカーのケーターハムが、10年ぶりの新型車『CSR』を発表した。260bhpモデルと200bhpモデルがあり、2005年早々にも発売する予定。

価格は、260bhpモデルが3万3950ポンド(680万円)、200bhpモデルが2万7450ポンド(550万円)。

従来のスーパー7のイメージを踏襲しながらも、10年ぶりの新車ということもあり、シャーシ、サスペンション、インテリアなど、すべてのパーツを一新している。

エンジンは、ツインカム16バルブのフォード・デュラテック・エンジンを搭載。260bhpモデルでは、最高速度155マイル/h(248km/h)、0-60マイル/h(0-96km/h)加速が3.1秒。200bhpモデルでは、最高速度140マイル/h(224km/h)、0-60マイル/h(0-96km/h)加速が3.7秒。

車体は長さ3300mm、幅1685mm、高さ1140mm。
《》

編集部おすすめのニュース

特集