【新聞ウォッチ】奥田会長、迷走するダイエーに辛口批判

モータースポーツ/エンタメ 出版物

気になるニュース・気になる内幕…今日の朝刊(朝日、読売、毎日、産経、東京、日経の各紙・東京本社発行最終版)から注目の自動車関連記事をピックアップし、その内幕を分析するマスコミパトロール。

2004年10月13日付

●NY原油54ドル突破(読売・2面)

●米GM、欧州で1万2000人削減(読売・10面)

●なるほど経済!:ハイテク安全装備、進化、レーダーで追突防止、夜道で歩行者感知(読売・12面)

●新「環境二輪車」実用化向け加速、燃料電池・ハイブリッド、リース販売を視野(朝日・12面)

●キャデラック、6年ぶり一新(朝日・12面)

●04年度情報開示優良企業、三菱自動車、UFJ銀評価の対象外(毎日・10面)

●米で日産を集団訴訟「インフィニティ」欠陥で(産経・10面)

●「借り手企業に責任ある」奥田日本経団連会長がダイエーを批判(産経・10面)

●スズキ、トヨタ車体、環境にも配慮 電動車いす ケナフ使用、段差もスムーズ(東京・8面)

●トヨタ、中間決算発表時に奥田会長も会見、来月1日、重大発表の憶測も(東京・8面)


ひとくちコメント

混迷するダイエー再建問題は、会社側と支援銀行などの間で未だ妥協策を見出せないまま、延長戦に突入した。

日本経団連の奥田碩会長は12日の定例記者会見で、「カネを借りた以上は必ず返すのが商道徳のベース。それができない企業はダイエーを含め、企業倫理、カネを借りるモラルに欠けていると思う」などと、辛口で批判した。きょうの産経などが取り上げている。

奥田会長は「私が言うと強者の論理だといわれるので言いたくないが」と前置きしながらも「カネを借りた時には耳をそろえて返すのが基本。返せなくなったら経済情勢が悪いと弁解する人も多いが、返さないのはけしからん話だ」と、貸し手責任よりも借り手責任が大事であることを強調した。

その奥田会長が、「来月1日のトヨタ自動車の中間決算発表説明会に久しぶりに出席する予定」であると、きょうの東京が報じている。身内の発表会とはいえ、どんな“奥田節”が飛び出すのか、今から注目したい。
《福田俊之》

編集部おすすめのニュース

特集