【トヨタ・ポルテ発表】このアイデア、買いますか

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ・ポルテ発表】このアイデア、買いますか
  • 【トヨタ・ポルテ発表】このアイデア、買いますか
  • 【トヨタ・ポルテ発表】このアイデア、買いますか
  • 【トヨタ・ポルテ発表】このアイデア、買いますか
「アイデアはあるときに使わないと」と、『ポルテ』(7月26日発表)について語るのは、トヨタ自動車・トヨタ第2デザイン部の大島誠部長。スモールカー市場はまだまだ拡大して行くし、そのデザインは進化の余地があるとの考えだ。

このクラスのクルマは、ただの“小さなクルマ”ではなく、人々のベーシックなトランスポーターとなりうる。そう考えると製品デザインとしてできることがある。

「スライドドア、低い床、高い天井、これら3点セットがデザインのポイントです」と大島部長。デザイン初期提案は、グループ企業のトヨタ車体からだという。

多くの車種がひしめくポルテの市場クラスだが、まだ発展の余地がある。いっぽう「自社内での競合もいろいろ考えましたが、このクラスの商品のないトヨタ・チャンネルに投入することにしました」と大島部長は説明する。

箱根のワインディングでクルマを評価する向きにはイマイチ受けの悪いポルテだが、こういったアイデアを商品化してしまうトヨタの実力は認めるべきだ。読者諸兄姉はポルテのアイデアを買いますか?

■買い換えだったら、いま乗っているクルマの「買い取り」「下取り」、両方の査定を出して、それらの中から有利な条件での新車購入をお薦めする。「買い取り」額見積りをインターネットで、アイミツまで出してしまうのが、レスポンスのユーザーアシスタンス「買い取り査定」だ。出張査定の予約もできる、すべて無料のサービスだ。

買い換えだったら…ユーザーアシスタンス「買い取り査定」はこちらから。

新車はいくら…ユーザーアシスタンス「新車見積り」はこちらから。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集