【インプレ'04】熊倉重春 トヨタ『ポルテ』 ひとりかふたりで贅沢に使いたくなる室内空間

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 トヨタ『ポルテ』 ひとりかふたりで贅沢に使いたくなる室内空間
  • 【インプレ'04】熊倉重春 トヨタ『ポルテ』 ひとりかふたりで贅沢に使いたくなる室内空間
う〜ん、車内空間って、工夫すればここまで有効に使えるのかと感心する。極論するなら小型車の概念を激変させる問題作。もし買ったら、こうも使える、アレもできちゃうと大騒ぎになるのは確実だ。

そのキモは際限なくスライドする助手席と、大型ワンボックスより広く開くスライドドア(左側)。鴨居が高く敷居が低いので、すたすた歩いたままスッと乗れてしまうのが不思議な感じでもある。

後席なんかセルシオより広いし、当然室内高もたっぷりなので、ちょっと屈むだけで着替えも自由自在。家族みんなで乗るより、ひとりかふたり用のミニバンとも解釈できそうだ。自転車だって横から積めちゃうし。

見えない機械部分はヴィッツと共通なので実績も文句ない。ノッポにしては腰高感もなく、走りも普通の水準にある。気になる点はリアの乗り心地が少し硬すぎるのと、ドライバーまわりの小物入れにもう一歩工夫が欲しいことぐらいか。顔つきももう少し可愛くしてほしかった。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★☆☆
オススメ度:★★★★☆


熊倉重春| モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集