ヤマハ、世界初の燃料電池二輪車で公道試験

エコカー 燃費
ヤマハ発動機は、直接メタノール方式の燃料電池二輪車の実用化に向けて公道試験を行うためのナンバーを取得したと発表した。燃料電池二輪車の実用化は世界で初めて。
 
今回、公道走行する燃料電池二輪車『FC06 PROTO』は、液体のメタノール水溶液を燃料にする。改質器などが必要無い独自の直接メタノール燃料電池ヤマハDMFCシステムを開発して搭載した。

ヤマハDMFCシステムは、出力1kW以下の小型機器に応用した場合、出力特性を落とさずに軽量化できるメリットがある。今回の燃料電池二輪車はこの特徴を活かした。
 
ヤマハでは、リース販売などで2005年中に燃料電池二輪車を実用化する計画だ。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、燃料電池二輪車を開発 画像 ホンダ、燃料電池二輪車を開発
  • FCV、東名を激走…“国内初”の高速テスト 画像 FCV、東名を激走…“国内初”の高速テスト
  • 【パリモーターショー04】プジョーの燃料電池スタディ…クォーク 画像 【パリモーターショー04】プジョーの燃料電池スタディ…クォーク
  • スズキ、700気圧圧縮水素システムの燃料電池車 画像 スズキ、700気圧圧縮水素システムの燃料電池車
  • ダイムラー、シンガポールで初の燃料電池走行試験 画像 ダイムラー、シンガポールで初の燃料電池走行試験
  • 東芝、世界最小の燃料電池を開発 画像 東芝、世界最小の燃料電池を開発

特集