生粋中国人ドライバーがF1初テスト

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ
中国初となる上海GP開催を今月に控え、中国で生まれ育ったドライバーとしてチェン・コンフーが史上初めてF1マシンに乗った。チェコのブルノ・サーキットで行われたマクラーレンのデモンストレーションに参加したコンフーは「MP4-17D」で5ラップを走行。

「ウェスト・マクラーレン・メルセデスをガレージから出発させた瞬間は、僕の人生でも最もエキサイティングな瞬間だった。物心が付いたことからF1マシンに乗るのが僕の夢だった。がっかりすることなど一つもなかった」とコンフー。

「僕が普段乗っているフォーミュラ・ルノーからは飛躍的なステップアップ。主な違いは二つあって、まずはその巨大なパワー、そしてコーナーを限界で攻められる驚異的なグリップ力。僕にとってはまるで夢のような経験。この機会を持てたことを嬉しく思う」

昨年12月に同じく中国人のホン・ピー・タンがウィリアムズでF1マシンを経験しているが、彼はオランダで育っている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 【トヨタF1】パニス勇退、サードドライバーに 画像 【トヨタF1】パニス勇退、サードドライバーに
  • 【ホンダF1】パフェット、バトンのシートに名乗り 画像 【ホンダF1】パフェット、バトンのシートに名乗り
  • シューマッハ、バリケロのトークに行こう! 画像 シューマッハ、バリケロのトークに行こう!
  • バトンはウィリアムズ・タイプ 画像 バトンはウィリアムズ・タイプ
  • ラルフ、イタリアGPでは復帰せず 画像 ラルフ、イタリアGPでは復帰せず

特集