【インプレ'04】両角岳彦 ジャガー『Xタイプエステート』 ハイソサエティな主張ばかりが耳に付く

試乗記 国産車
【インプレ'04】両角岳彦 ジャガー『Xタイプエステート』  ハイソサエティな主張ばかりが耳に付く
  • 【インプレ'04】両角岳彦 ジャガー『Xタイプエステート』  ハイソサエティな主張ばかりが耳に付く
今日のジャガーは「伝統の英国車」「猫足」というかつての美点は消滅し、フォード傘下の上級ブランド商品。無国籍かつ類型的なクルマづくりに終始する。

『Xタイプ』もベースは『モンデオ』で、魅力は外見のブランド性だけ? でもワゴンはリアビューの個性が消えた。

走らせると、高い速度域での安定感は日本車より高いが、旋回挙動はセダンより切れが悪い。足の伸縮が突っ張り、ゴムの変形で細かく揺れるトヨタ的感触だが、路面騒音などの侵入は大きめ。車室後面隔壁がなく車体剛性が低下、後輪荷重が増すワゴンの弱点がそのまま出ている。

■5つ星評価
パッケージング:★★☆☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》
【画像】【インプレ'04】両角岳彦 ジャガー『Xタイプエステート』 ハイソサエティな主張ばかりが耳に付く(1枚)

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめのニュース