【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】クラスの標準的な走りが味わえる“2.4”…MJブロンディ

自動車 ニューモデル 新型車
【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】クラスの標準的な走りが味わえる“2.4”…MJブロンディ
  • 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】クラスの標準的な走りが味わえる“2.4”…MJブロンディ
  • 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】クラスの標準的な走りが味わえる“2.4”…MJブロンディ
  • 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】クラスの標準的な走りが味わえる“2.4”…MJブロンディ
  • 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】クラスの標準的な走りが味わえる“2.4”…MJブロンディ
続いて、シリーズ最廉価版の『S40』“2.4”(346万5千円)のフィーリングを紹介していこう。

先に書いた“2.4i”と比べると全域で重い。ただし遅いというわけじゃなく、ただフツーなだけという印象だ。パワーウェイトレシオはちょうど10kg/psくらいの感覚。個人的に11kg/psのエグザンティアブレーク(2リッターモデル)に乗っていて、そんなに痛痒を感じてないんで、これだけあれば普通はいいでしょ!? と無責任にいわせてもらおうか。

2.4と2.4iの価格差は40万円。そんなに小さい差額じゃないけど、フィーリング的には相当の差があるんで、やっぱりベストチョイスは『V50』の2.4i(414万7500円)だろうなあ。400万円超えるのは痛いけど、ほぼ同価格帯の『V70』の一番下のグレードと比べると、フットワークは段違い、パワーフィールも段違い、大きさと広さはかなり違うけど、V50のほうがインテリアも斬新だし、いつも4人以上乗るとかいうんじゃない限り、V50の2.4iのおススメ度は高い。ワタシが思うに、これが全ボルボ中のベストモデルといってもいいほど。

ボルボの元トップセールスだった広報部の平井君は、「セールスマンの視点で見たら、すごく売りやすいクルマですよ。自分がセールスに戻りたいくらいです」だって。存在感が希薄だった旧40シリーズに比べると、今度の50/40シリーズのNAモデルは、上の70/60シリーズを食っちまうくらいの商品力があるといえるだろう。
《清水草一》

編集部おすすめのニュース

  • 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】シリーズ中の本命モデルが登場した…MJブロンディ 画像 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】シリーズ中の本命モデルが登場した…MJブロンディ
  • 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】実用域ではT-5を凌ぐ気持ちいい走りの“2.4i”…MJブロンディ 画像 【ボルボS40/V50 NA仕様 試乗】実用域ではT-5を凌ぐ気持ちいい走りの“2.4i”…MJブロンディ
  • 【ボルボS40/V50試乗】カタチも走りもすべて一新したV50…小沢コージ 画像 【ボルボS40/V50試乗】カタチも走りもすべて一新したV50…小沢コージ
  • 【ボルボS40/V50試乗】実直なまでのカッチリ感に満ち溢れているS40…小沢コージ 画像 【ボルボS40/V50試乗】実直なまでのカッチリ感に満ち溢れているS40…小沢コージ

特集

おすすめのニュース