【三菱『CU-H9000』】スピードが自慢のカーナビ登場

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品
【三菱『CU-H9000』】スピードが自慢のカーナビ登場
  • 【三菱『CU-H9000』】スピードが自慢のカーナビ登場
  • 【三菱『CU-H9000』】スピードが自慢のカーナビ登場
  • 【三菱『CU-H9000』】スピードが自慢のカーナビ登場
三菱電機は22日、ハードディスク(HDD)カーナビゲーションの新製品となる『CU-H9000』を発表した。カーナビ用のプロセッサでは最速となるクロック数400MHzのグラフィック統合型LSIを搭載。素早いルート設定やスムーズな描画を特長としている。

CU-H9000最大の特長は、ずばり“スピード”にある。ハイスピードでの描画と演算を両立させたグラフィック統合型カーナビ専用LSI「ナビコア」を採用したことによって、地図の縮尺変更やスクロールはタイムラグをほとんど感じさせない。

ルート探索の速度も新LSI採用によって大幅に向上しており、比喩でなく、あっという間に検索が終了する。メーカーでは「札幌−鹿児島間を0.2秒でルート設定可能」としているが、実際に試したところ、検索距離が数百キロ程度なら「ボタンを押した瞬間にはルート設定が終わっていた」といった感じ。

描画についても非常にスムーズ。大都市圏では3Dポリゴンを使ったリアルタウンマップや、ビジュアルシティーマップを使用できるが、2D地図と大差ない状態で描画されることには驚かされる。

価格は、7V型インダッシュモニターにMD、DVD/CDの再生機能をプラスした最上位モデルの『CU-H9000MD』が税込みで31万2900円。7V型オンダッシュモニターとDVD/CD再生機能付きナビユニット本体を組み合わせた『CU-H9000VP』が同24万1500円。

発売はいずれも5月27日を予定している。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

  • 三菱電機の交通事故自動記録装置がアメリカで評価 画像 三菱電機の交通事故自動記録装置がアメリカで評価
  • 【東京ショー2003速報】三菱電機「DSRC応用システム」はETCを凌駕する? 画像 【東京ショー2003速報】三菱電機「DSRC応用システム」はETCを凌駕する?
  • 三菱電機、車載レーダー用MMICフルチップセットを開発 画像 三菱電機、車載レーダー用MMICフルチップセットを開発
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース