ホンダのロシア法人社長に自工会の加藤理事

自動車 ビジネス 企業動向
ホンダは22日、ロシアに現地法人「ホンダ・モーター・ルス」(モスクワ市)を設立したと発表した。新会社の社長には日本自動車工業会(自工会)の東京モーターショー担当理事である加藤和彦氏が、来月に自工会理事を退任したうえで就任する。

ホンダは今年、ロシアで4800台(前年比34%増)の4輪車販売を計画しており、市場の拡大に対処して現地法人を設立した。社長に就任予定の加藤氏は、2002年に宗国旨英会長の自工会会長就任と同時に、ホンダから常勤理事として派遣されていた。

宗国会長のもとで、自工会の初主催となった昨年秋の東京モーターショー(乗用車ショー)を刷新、来場者の減少傾向にも歯止めをかけた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • ホンダ、ロシアで本格販売攻勢へ、現地法人を設立 画像 ホンダ、ロシアで本格販売攻勢へ、現地法人を設立
  • トヨタの欧州戦略…ロシアに新工場 画像 トヨタの欧州戦略…ロシアに新工場
  • 【東京オートサロン'04続報】ロシアの工業力を日本に 画像 【東京オートサロン'04続報】ロシアの工業力を日本に

特集