【インプレ'04】河口まなぶ スバル『フォレスター』 中身の確かさが実感できる1台

試乗記 国産車

【インプレ'04】河口まなぶ スバル『フォレスター』 中身の確かさが実感できる1台
  • 【インプレ'04】河口まなぶ スバル『フォレスター』 中身の確かさが実感できる1台
レガシィよりよいかもしれないと思わせる運動性能と乗り心地のバランス感が魅力。とくにL.L.Bean仕様は極めてしなやかな乗り味が嬉しい。STiの走りの楽しさも要求以上のものができ上がっている。

この手のモデルでここまで走れ、しかも走りの質感が高いとなると、下手なセダンやワゴンは存在意義がなくなってしまうのでは? と心配するほど。

目新しさには欠けるが、中身は意外と一級品。だが、それをいかに多くの人に伝えるかがポイントになってくるのだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★☆


河口まなぶ|モータージャーナリスト
1970年生まれAB型。日本大学芸術学部文芸学科卒。卒業後モーターマガジン社でアルバイト。その後フリーとなり専門誌を中心に一般誌、webに寄稿。2002-03/03-04日本カーオブザイヤー選考委員。
《河口まなぶ》

特集