米国生産が倍増---日産の2月海外生産

自動車 ニューモデル 新型車

米国生産が倍増---日産の2月海外生産
  • 米国生産が倍増---日産の2月海外生産
  • 米国生産が倍増---日産の2月海外生産
  • 米国生産が倍増---日産の2月海外生産
日産自動車が25日発表した2月の生産・販売実績によると、販売好調が続く米国での生産が前年同月比104.4%増の6万2885台と2倍強に増えた。ミシシッピ州キャントン工場を中心に投入している新型車の生産が本格化したことによる。

昨年来立ち上げた新型『クエスト』、新モデルの『アルマーダ』『タイタン』の生産が増加しているのに加え、今春に投入予定のフルサイズSUVインフィニティ『QX56』の生産も2月からスタートした。

米国の倍増により、2月の海外総生産は前年同月より32.6%多い14万6148台となった。日産は海外生産でホンダに水を明けられてきたが、同月は14万9955台(同1.6%増)だったホンダに肉薄している。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集