【インプレ'04】松田秀士 トヨタ『クラウン』 かつてないほどの走り感が味わえる

試乗記 国産車

【インプレ'04】松田秀士 トヨタ『クラウン』 かつてないほどの走り感が味わえる
  • 【インプレ'04】松田秀士 トヨタ『クラウン』 かつてないほどの走り感が味わえる
コンセプト通り若返ったのはいいけれど、若さゆえのはすっぱな荒削りさが目立つ。たとえば後席の乗り心地。電動パワステの不自然さ。でも、世代を若返らせるための走りは本当によくなっている。

高速になるにしたがって増すスタビリティ。ワンクラス下の身のこなしが軽いスポーツセダンのような応答性なのに、旋回が始まると重厚感が増す。

そしてエンジン。とくに2.5リッターはレスポンスよく、全回転域でのトルク特性に優れている。3リッターのストロークダウンバージョンではなく、すべてを設計し直した価値を誰もが体感できるだろう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★☆☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松田秀士|モータージャーナリスト
GTでフェラーリを駆る現役レーサー。INDY500やルマンなど海外レースにも積極的にチャレンジする。すでに49歳が目前という年齢ながら、まだまだ走る。モータージャーナリスト活動にも積極的。日本カーオブザイヤー選考委員。
《松田秀士》

特集