いすゞ、全社員にコーポレートカードを導入へ

自動車 ビジネス 企業動向
いすゞ自動車は、7500人の全社員にコーポレートカードを導入する。カードはカード会社のユーシー(UC)カードが発行する。

7500人分のコーポレートカードの発行はUCカードとして過去最大だ。コーポレートカードは社員個人が設定した銀行口座などから決済する個人決済タイプで、例えば出張の際の経費精算などが簡単にできる。いすゞとしては、事務作業負担の軽減が図れるメリットがある。

いすゞの従業員も金融商品の手数料の優遇が受けられるほか、海外旅行障害保険や空港ラウンジの利用などの特典も付与される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集