【インプレ'04】津々見友彦 トヨタ『クラウン』 思わず欲しくなる欧州テイストの12代目

試乗記 国産車
【インプレ'04】津々見友彦 トヨタ『クラウン』 思わず欲しくなる欧州テイストの12代目
  • 【インプレ'04】津々見友彦 トヨタ『クラウン』 思わず欲しくなる欧州テイストの12代目
エクステリアデザインが魅力的。これなら欲しい!

大きく進化したのはハンドリング。まるで、ヨーロッパ車のスポーティサルーンのような筋肉質の走りだ。歯切れのいい操縦性になり、旧タイプの一拍置いてからの挙動とは異なる。

さらに抜群なのがブレーキ。ぺダルに足を乗せしっかりと踏力を掛けると、ひとクラス軽いクルマのようにガッシリと減速。安心感は高まった。

動力性能も高くスポーツカー並みの0-400m加速は、15秒台を2.5リッターで、3リッターでは14秒台と軽快。アスリートは多少乗り心地は硬めだが、確かなハンドリングが実感できる。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★


津々見友彦|モータージャーナリスト
第1回日本GPに出場。日産、トヨタ、いすゞの元ワークスレーシングドライバーを経て、モータージャーナリストとして活躍。カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。その他にポルシェクラブドライビングスクールの校長も務める。
《津々見友彦》

特集