【インプレ'04】下野康史 VW『ゴルフトゥーラン』 内容しかり、価格しかり、十分に戦闘力高し

試乗記 国産車

【インプレ'04】下野康史 VW『ゴルフトゥーラン』 内容しかり、価格しかり、十分に戦闘力高し
  • 【インプレ'04】下野康史 VW『ゴルフトゥーラン』 内容しかり、価格しかり、十分に戦闘力高し
全長4390mm。きたるべきゴルフVの19cm増しで「あとふたり」乗せられる純家庭用ゴルフ。

といっても、体育座りを強いる3列目はほぼ子供用。独立した3つのイスを横に並べて、全席に前後スライド機構を与えたのは、ルノー・セニックのアイデア。

車内にたくさんの小物入れを備えるのは、日本車の影響。後発の利を生かした“いいとこ取り”を随所に。

アウディA3でデビューした直噴4気筒は、やはり好印象。高回転を好み、回せば回すほど力が出る。パワーはたった116psの1.6リッターのほうでも必要にして十分。259万円の価格も戦闘力高い。普通のゴルフ、危うし。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワー&フットワーク:★★★★☆
装備内容:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


下野康史|モータージャーナリスト
自動車専門誌の編集部を経て、モータージャーナリストに転身。現在はクルマ雑誌を始め、週刊誌のコラムなど幅広く執筆活動を行っている。親しみやすい文体のなかに見える、鋭い着眼点や独特の語り口にファンは多い。
《下野康史》

特集