【インプレ'04】熊倉重春 VW『ゴルフトゥーラン』VWのしっかり感と国産ミニバンのいいトコ取り

試乗記 国産車
【インプレ'04】熊倉重春 VW『ゴルフトゥーラン』VWのしっかり感と国産ミニバンのいいトコ取り
  • 【インプレ'04】熊倉重春 VW『ゴルフトゥーラン』VWのしっかり感と国産ミニバンのいいトコ取り
トゥーランがあればゴルフ・セダンはいらないと思えるほどの万能優等生。背高ノッポのミニバンなのに、走る手応えに至るまできっちり乗用車の基準を満たしている。

さりとて質実剛健ばかりでもなく、室内至るところに設けられた収納部など、真剣に日本車を観察した跡も見える。3列目が取り外し式でないのも、日本の実情によく合う。

ただし2リッターはアクセルの踏み始めに反応しすぎ。こんなところまで日本車を見習わずともよろしい。むしろ1.6リッターの方が自然なメリハリで運転しやすい。全体を貫くガッチリ感など、VW本来の特技もしっかり光る。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★★


熊倉重春|モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集