福井ホンダ社長、フルサイズピックアップは環境負荷が……

エコカー 燃費

福井ホンダ社長、フルサイズピックアップは環境負荷が……
  • 福井ホンダ社長、フルサイズピックアップは環境負荷が……
ホンダの福井威夫社長は5日、東京で開かれた日刊自動車新聞社主催によるシンポジウムに出席、北米での高収益車種となっているフルサイズピックアップトラックの環境負荷の大きさをやんわりと批判した。

シンポジウムは、「自動車産業の持続的発展」をテーマとしたもので、福井社長は「環境への影響が大きくても、当面のビジネスとしては利幅が大きいものを売ることになる」と述べた。その具体例としてフルサイズピックアップを挙げた。

ホンダは『SUT』(スポーツユーティリティトラック)と呼ぶモノコックボディのライトトラックには参入する方針を明かにしているが、フルサイズは計画していない。福井社長はかねて、「環境面からも、ああいう(フルサイズ)タイプはやりたくない」としており、シンポジウムでも思わず本音が出た。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集