【ジュネーブモーターショー'04速報】デザインに吹く風…ルノー『ウィンド』

自動車 ニューモデル モーターショー

【ジュネーブモーターショー'04速報】デザインに吹く風…ルノー『ウィンド』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】デザインに吹く風…ルノー『ウィンド』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】デザインに吹く風…ルノー『ウィンド』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】デザインに吹く風…ルノー『ウィンド』
  • 【ジュネーブモーターショー'04速報】デザインに吹く風…ルノー『ウィンド』
ルノー『ウィンド』は日産と共同開発した次世代Bセグメントプラットフォームを使ったコンセプトカー。3シーターによるコミュニケーションを可能としたルノーデザインの新風だ。

ルノーコンセプトカーズ・エンジニアリングマネージャーのデニス・ファルク氏は語る。「全長3.87mというコンパクトボディの中に2+1の3シーターをレイアウトしました。2人の時リアはラゲッジスペースになり、前席中央部分をリアに取り付けることによって3シーターに変化します」

「後席の1人が中央に座ることによって、3人のコミュニケーションという新しいスタイルを演出します。視界もよく、ラウンドした室内が乗員を快適に包み込みます」

「インテリアはタッチデザインがコンセプトです。ダイヤル切替式のシフトノブ、パドルシフトなど、全ての部分に活かされています」

『メガーヌ』の2リットルエンジンが積まれたウィンド、走り出す日も近い?
《》

編集部おすすめのニュース

特集