牛丼の次は牛革シートも消える!?

自動車 社会 社会

日本では、牛丼屋から牛丼が消えてしまったが、世界中の高級車からも、牛革シートが消えてしまうかもしれない。といっても、こちらは、狂牛病のためではなく、動物保護団体のキャンペーンによるものだが。

アメリカを拠点とする動物愛護団体PETA(People for Ethical Treatment of Animals)は、牛革のシートの使用禁止を求めて世界的なキャンペーンを行っている。

PETAのターゲットとなったのは、ダイムラークライスラーのメルセデスベンツ。昨年秋にはダイムラークライスラーは、インドで『Eクラス』の全モデルに牛革シートではないオプションを用意した。

PETAのキャンペーンがインドで成功した理由は、インドでは宗教上の理由で牛が聖なる動物とされていることが大きい。しかし世界的に動物愛護、環境保護の意識が高まっている昨今、牛革シートが消えてしまう可能性がまったく無いとは言い切れない。牛丼同様、いまのうちに、牛革シートの座り心地を味わっておいた方がよいかもしれない。
《》

編集部おすすめのニュース

特集