【インプレ'04】松下宏 スズキ『ワゴンR』 この手のクラスの基準となる出来具合

試乗記 国産車

【インプレ'04】松下宏 スズキ『ワゴンR』 この手のクラスの基準となる出来具合
  • 【インプレ'04】松下宏 スズキ『ワゴンR』 この手のクラスの基準となる出来具合
売れ筋グレードに搭載される自然吸気のDOHCエンジンは、軽自動車として平均的な実力。タウンユースを中心に考えたら、それなりによく走るものの、高回転域まで回すと騒音レベルがけっこう高まるなど、不満な点も残されている。

リヤの落ち着きが増した足回りは好感が持てる。ターボ車なら高速クルージングも余裕でこなすほか、パワーの余裕を生かして走りの楽しさも得られるのが魅力。

低排出ガス仕様で燃費にも優れる軽自動車初の直噴ターボには一定の魅力があるが、価格差が10万円もあると実際に買うときには標準ターボを選ぶことになりそう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★☆☆
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★★☆


松下 宏|自動車評論家
1951年群馬県前橋市生まれ。自動車業界誌記者、クルマ雑誌編集者を経てフリーランサーに。税金、保険、諸費用など、クルマとお金に関係する経済的な話に強いことで知られる。ほぼ毎日、ネット上に日記を執筆中。
《松下宏》

特集