【インプレ'04】熊倉重春 スバル『R2』 ずばりニッチ層を狙った商品企画

試乗記 国産車

【インプレ'04】熊倉重春 スバル『R2』 ずばりニッチ層を狙った商品企画
  • 【インプレ'04】熊倉重春 スバル『R2』 ずばりニッチ層を狙った商品企画
「めんこい」とは思うが形を整理しきれず、好き嫌いがはっきり分かれるデザイン。これはダイハツやスズキのような多数派にならなくてもいいという意思表示でもある。だからといって、軽でも広いのが常識の今、後席スペースを犠牲にしたのは疑問だ。

搭載する直4エンジンは贅沢すぎるほど上出来で、自慢のCVTとの相性も抜群。スーパーチャージャー付きの軽快な走りにはリッターカーも降参だ。さすが技術自慢のスバルだけのことはある。

フレグランス用の香炉など変わったオプションも豊富でおもしろい。若い女性か子供2人の小ファミリーに向きそう。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★★★☆
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★☆
オススメ度:★★★☆☆


熊倉重春|モータージャーナリスト
東京・焼け野原の戦後第一期生。25年間クルマ雑誌に勤めて何でもやったので、フリーのジャーナリストになった今でも何でもやる。いや、クルマのことなら何でも首を突っ込みたがる。今最大の関心事はエネルギー問題。
《熊倉重春》

特集