ルノー「R24」がテストデビュー

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2004年チャレンジャー、「R24」をバルセロナで初テストしたルノー。ヤルノ・トゥルーリがシャシー1号車に乗り42ラップを走破。トラブルなしの順調なデビューとなった。

「R24の初テストは非常にいい日になった。全てが順調に作用したよ。今日はまず、新型車特有のくせを修正することに費やした。マシンはバランスもよく、トライしたセットアップ変更によく反応してくれた」と、初走行の感想を述べたトゥルーリ。

エグゼクティブ・ディレクター・オブ・エンジニアリングのパット・シモンズは、「本日R24の初走行を行い、200km以上をカバーした。マシンのホイールが回った初日としては極めて満足行く結果が得られた」とコメント。

「主なプログラム内容はシステムチェックと中距離走行。シャシーもエンジンも予想通りの出来だったと言える。全体的に優れたパッケージだと感じた」
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集