タクシーにナビは当たり前……でも何か足りない

自動車 テクノロジー ITS

タクシーにナビが付いているのが当たり前になってきた。先日仙台市内のタクシーに乗ったところ、ナビかGPS を使って現在地を知らせるシステムを搭載していた。で、気になったのが、ナビの画面。実は、FM多重放送ですらVICS情報が表示されていない。

少なくとも自分がいつも走っている街ならば隅から隅まで道路事情を知り尽くしているので、VICS情報は不要かもしれない。しかし、お客を安心させる意味で、VICS情報の表示があってもいいだろう。渋滞で動いていないが、それは次の信号までということが乗客にも分かれば安心するはずだ。

しかし、諸刃の剣であることも事実。情報入手と提供のタイミングがずれるため、渋滞表示の道路ががらがらに空いている状態ということは、VICSではよくあることだからだ。より早い情報提供がVICSの今後の課題だ。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集