日産がインドに注目、『エクストレイル』で再参入へ

自動車 ビジネス 企業動向

日産がインドに注目、『エクストレイル』で再参入へ
  • 日産がインドに注目、『エクストレイル』で再参入へ
日産自動車は、15日からインドのニューデリーで開催されている第7回Auto Expoで、スポーツ・ユーティリティ・ビークルの『エクストレイル』を出展した。年央にインド市場で発売、インドに再参入する。日産がAuto Expoに出展するのは初めて。

日産は1983年に地元の企業と合弁で市場参入していたが、1994年に販売不振で撤退していた。今回、エクストレイルを市場投入して再参入する。発売するエクストレイルは日本で生産して輸出する。

エクストレイルは、アウトドアスポーツを楽しむ20−30代のユーザーをターゲットにしたSUVで、日本で2000年10月に発売して以来、160カ国以上で販売している戦略モデルとなっている。2004年は全世界で15万台の販売を計画。インド市場での販売計画は未定。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集