【東京オートサロン'04続報】ロシアの工業力を日本に

自動車 ニューモデル モーターショー
ヤマテ工業のブースで説明員をしていた山本和臣さんは実は社員ではなく、やはりホイールでビジネスを展開するライトマンR&Dの代表取締役であった。オートサロン(9-11日、幕張メッセ)には友情参加としてお手伝い、といったところだろうか。

「以前は某ホイールメーカーにいましたが、海外事業からの撤退を機に独立して会社を設立しました。今年夏からロシアで製造した鍛造ホイールを発売します」とライトマンR&Dの業務を説明する。

ホイールの製造は、以前は軍需工場だったところで行なわれるという。「ロシアだと日本よりもずっとコストが安く、しかも兵器工場の設備ですから精密で耐久性のあるものが作れます」とのこと。

しかしやはり、長所もあれば短所もあるようで「性能はまったく問題ないのですが、見た目のデザインのセンスはなんともいいがたい。ですから設計を含めたデザイン開発は日本で行なっています」という。そのために山本さんはデザイン雑誌を読んで勉強する日々だとか。
《》

編集部おすすめのニュース

特集