日産などメーカー8社、シュレッダーダストリサイクルのため提携

エコカー 燃費

日産自動車、スズキ、三菱自動車工業、いすゞ自動車など自動車メーカー8社は9日、自動車シュレッダーダストのリサイクルを推進するための組織「ART」を結成することで合意した、と発表した。

新組織は、2005年1月に自動車リサイクル法が実施されるのに対応し、シュレッダーダストの適正処理・再資源化の仕組みを構築することを目的に結成。日産ディーゼル工業、冨士重工業、マツダ、三菱ふそうトラック・バスも加わった。

同日、トヨタとホンダが、シュレッダーダストリサイクルで協力することを発表しており、自動車シュレッダーダストの処理は、トヨタと日産の2つの陣営で取り組む体制になる。

日産陣営のARTでは、今後運営委員会を設置し、商社などと連携しながら、シュレッダーダストの引き取り基準の設定、指定引き取り場所、リサイクル方法の検討などを行っていく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集