【インプレ'03】両角岳彦 ホンダ『ライフ』 ニッチ狙いのスペシャルティ軽

試乗記 国産車
【インプレ'03】両角岳彦 ホンダ『ライフ』 ニッチ狙いのスペシャルティ軽
  • 【インプレ'03】両角岳彦 ホンダ『ライフ』 ニッチ狙いのスペシャルティ軽
軽専業メーカーの同ジャンル商品に比べると、顧客層は絞れるから、見た目の商品性はわかりやすく仕立ててある。基本骨格も一新。後席の着座姿勢はOK。前席はもう少し高く座りたい。

走り出すと「軽はこんなもの…」という作り手側の思いが随所に透けて見える。舵は剛性低く手応えも不自然。高速の直進性悪く横風影響過大。足は突っ張ってドタドタし、ヒョコッと変な姿勢でロールする。

軽と普通車で部品内容・点数は同等なのにコストは何割も削る。たしかによいものにはなりにくい。その中で軽専業メーカーのほうが真剣にクルマをつくっている。

■5つ星評価
パッケージング:★★★☆☆
インテリア/居住性:★★☆☆☆
パワーソース:★★☆☆☆
フットワーク:★★☆☆☆
オススメ度:★☆☆☆☆


両角岳彦| 自動車評論家
1951年長野県松本市生まれ。モノごころついた時からクルマが好き。大学・大学院と自動車工学を修め、自動車専門誌を経て独立。現在は徳大寺自動車文化研究所・主任研究員としてディーゼル排気浄化システムの開発に注力中。
《》

特集