新型フェラーリ2+2、その名前と姿---『612スカリエッティ』

フェラーリは新型2+2クーペ『612スカリエッティ』の写真を発表した。スカリエッティは、フェラーリ創設期にデザイナーとして活躍し、アルミ加工による曲線美のマスターと呼ばれたセルジオ・スカリエッティ氏。

自動車 ニューモデル 新型車
新型フェラーリ2+2、その名前と姿---『612スカリエッティ』
  • 新型フェラーリ2+2、その名前と姿---『612スカリエッティ』
  • 新型フェラーリ2+2、その名前と姿---『612スカリエッティ』
  • 新型フェラーリ2+2、その名前と姿---『612スカリエッティ』
フェラーリは16日、新型2+2クーペの写真とその車名が『612スカリエッティ』であることを発表した。実車は来年1月のデトロイト・オートショーにお目見えする。スカリエッティは、フェラーリ創設期にデザイナーとして活躍した、アルミ板金加工による曲線美のマスターと呼ばれたセルジオ・スカリエッティ氏。

612のデザインを担当したのはピニンファリーナ。『456M』をより広く、快適にしたという。いっぽうアルミフレームを使うことで車重は60kg軽量化している。エンジンは540hpと強力で、0-100km/hをわずか4.1秒で達成、最高速度は315km/hを超える。

また、レイアウトはフロントミッドシップで、エンジンをフロントアクセルのすぐ後ろに、またギアボックスとディファレンシャルをリアに置くことで、重心を低く保ち、全体の構造の強化も果たしている。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集