タイへの追加投資はフォードと折半---井巻マツダ社長

自動車 ビジネス 企業動向
タイへの追加投資はフォードと折半---井巻マツダ社長
  • タイへの追加投資はフォードと折半---井巻マツダ社長
マツダの井巻久一社長は15日、『アクセラ』の発表会場で14日発表したタイ工場への追加投資の分担について「現地の会社の出資比率に沿っての負担となる」と、明らかにした。タイの現地法人「AAT(オートアライアンス・タイランド)は同社と米フォードモーターの折半となっており、半額ずつ投資することになる。

AATはへの追加投資については、13日にタイでフォードのウィリアム・フォード会長兼CEOが表明していた。5億ドル(約550億円)を投じ、ATTの生産能力を現在の年13万5000台から20万台に増強する計画。

ATTは世界への輸出拠点と位置付けられており、ピックアップトラックを中心に、両社ブランドで生産している。昨年の生産実績はマツダ車が4万9000台、フォードが5万4000台だった。今回の能力増は、マツダにとって国内外を通じても大きな投資案件となる。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

  • 【東京ショー2003出品車】マツダ『息吹』---超ライトウェイト 画像 【東京ショー2003出品車】マツダ『息吹』---超ライトウェイト
  • 【東京ショー2003出品車】機能デザインが羽ばたく…マツダ『鷲羽』 画像 【東京ショー2003出品車】機能デザインが羽ばたく…マツダ『鷲羽』
  • 【東京ショー2003出品車】スポーツの流れに打ち込む…マツダ『クサビ』 画像 【東京ショー2003出品車】スポーツの流れに打ち込む…マツダ『クサビ』
  • マツダとフォード、タイ生産拠点に追加投資 画像 マツダとフォード、タイ生産拠点に追加投資
  • フォードが人員削減を実施 画像 フォードが人員削減を実施

特集