【フランクフルトショー2003出品車】ホンダ『アコード・ディーゼル』など

自動車 ニューモデル モーターショー
【フランクフルトショー2003出品車】ホンダ『アコード・ディーゼル』など
  • 【フランクフルトショー2003出品車】ホンダ『アコード・ディーゼル』など
  • 【フランクフルトショー2003出品車】ホンダ『アコード・ディーゼル』など
ホンダは1日、11日にドイツで開幕する「第60回フランクフルトモーターショー」の出展車概要を発表した。今年末から欧州に投入する『アコード・ディーゼル』などを展示する。

アコード・ディーゼルは、ホンダが初めて独自開発した2.2リットル・ディーゼルエンジン「i-CTDi」を搭載するもの。同エンジンは、ターボチャージャーとインタークーラー採用のコモンレールを搭載した最新型エンジンで、最高出力140馬力(4000rpm)、最大トルク340N・m/2000rpmを発生。欧州の次期排出ガス規制「ユーロ4」をクリアした。アコード、アコードワゴン(現地名アコードツアラー)に搭載する。

欧州では、乗用車でもディーゼル車の需要が約半分程度と高まっている。ホンダは、いすゞ製の1.7リットルディーゼルエンジンを『シビック』に搭載している。アコードでもディーゼルを設定することで、欧州での販売台数増を狙う。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集