国交省が、首都高や阪神高速に従量課金料金を検討

国土交通省が首都高と阪神高速の通行料を、距離に応じた「従量課金制」に変更することを検討していることが明らかになった。まずは2004年から、近距離利用者の料金を割り引く。ただ、従量課金はETC車載器搭載車が前提で、ETCを持たない利用者は従来通りの定額料金とする。

自動車 社会 社会
国土交通省が首都高と阪神高速の通行料を、距離に応じた「従量課金制」に変更することを検討していることが明らかになった。まずは2004年から、近距離利用者の料金を割り引く。ただ、従量課金はETC車載器搭載車が前提で、ETCを持たない利用者は従来通りの定額料金とする。

しかし、高速道路の現行料金体系(24.6円/1km)で厳格に従量課金制を導入すると、現行の定額料金を上回るルートもあり、「実質的な値上げにつながる可能性もある」との指摘も出ている。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

  • 首都高でETCの利用率が10%を突破 画像 首都高でETCの利用率が10%を突破
  • ETC助成金=モニター・リース制度の受付数 画像 ETC助成金=モニター・リース制度の受付数
  • 身障者もETCノンストップ精算---国交省が検討 画像 身障者もETCノンストップ精算---国交省が検討
  • 阪神高速での偽札は090金融業者が発行!? 画像 阪神高速での偽札は090金融業者が発行!?
Response.TV
  • 動画
  • 動画
  • 動画
  • 動画

特集

おすすめのニュース