日産、既設炉でシュレッダーダストを処理……世界初

エコカー 燃費

日産自動車は、同社の追浜工場内の廃棄物処理焼却炉を一部改造し、使用済み自動車のシュレッダーダスト(破砕残し)の再資源化を2003年秋から開始すると発表した。自動車メーカーが自社工場内の既設炉を利用してシュレッダーダストの処理を行うのは世界でも初めて。

2004年から施行される自動車リサイクル法では、自動車メーカーはシュレッダーダストの引き取りと再資源化が義務付けられている。同社はシュレッダーダストの処理を自社設備で行い、得られたデータを分析、処理コストの把握と削減を進めていく。

シュレッダーダストは、ほとんどが埋め立てで処理されている。燃焼処理した場合も温度制御が難しく、燃焼生成物が焼却炉内部やボイラー蒸発管の表面に付着、堆積する問題が発生する。同社は、こうした問題を解決した直接溶解炉を使用した再資源化に成功した。処理の際に発生する蒸気は、工場内の塗装工程の加温用などに有効利用する。

日産では、トヨタグループとホンダを除く、自動車・二輪車メーカーから処理も委託されている。トヨタ自動車はダイハツ工業、日野自動車に加え、ホンダから処理を受託する予定で、シュレッダーダスト処理はトヨタと日産に陣営が二分される。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集