ヤマハ、百貨店で電動スクーター『パッソル』をアピール

自動車 ニューモデル 新型車
ヤマハ発動機は、電動スクーターの『パッソル』を若い女性に売り込むため、百貨店などの流通系各社でも販売する。ターゲット層が出入りする場所に展示して販売を促進する。

パッソルは、5月から本格販売を開始した電動スクーター。家庭用コンセントで充電する都市部移動用のスクーターで、若い女性を主なターゲットにしている。しかし、従来の二輪車ショップは女性の認知度が低く、入りにくいこともあった。このため、東急ハンズやダイエーなど、流通系のスーパー、百貨店などに展示して、パッソルをアピールしていく戦略だ。

同社の二輪車を二輪車販売店以外で取扱うのは初めて。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

  • ヤマハ発動機、電動スクーター『パッソル』を本格発売 画像 ヤマハ発動機、電動スクーター『パッソル』を本格発売
  • 【新聞ウォッチ】ヤマハ、「パッソル」を百貨店など販売拡大 画像 【新聞ウォッチ】ヤマハ、「パッソル」を百貨店など販売拡大
  • ヤマハ、アジアの2輪好調で連結売上高が初の1兆円に 画像 ヤマハ、アジアの2輪好調で連結売上高が初の1兆円に
  • ヤマハのネイキッド、『XJR400R』の2003年モデル登場 画像 ヤマハのネイキッド、『XJR400R』の2003年モデル登場

特集