【新型ホンダ『インスパイア』発表】ハイテクツアラー参上!!

自動車 ニューモデル 新型車

【新型ホンダ『インスパイア』発表】ハイテクツアラー参上!!
  • 【新型ホンダ『インスパイア』発表】ハイテクツアラー参上!!
  • 【新型ホンダ『インスパイア』発表】ハイテクツアラー参上!!
ホンダは上級セダン『インスパイア』をフルモデルチェンジし、19日にホンダ四輪全ディーラーから発売する。4代目となるインスパイアは、「かつてないゆとりと上質」と「圧倒的なドライビングプレジャー」をめざし、“ニュー・インテリジェント・ツアラー”を課題として開発されたという。

追突の危険性を判断しドライバーに警告を与えるとともに、衝突した場合の被害を軽減する世界初の「追突軽減ブレーキ」=CMSとシートベルトの「E-プリテンショナー」を、「ホンダ・プリクラッシュセーフティテクノロジー」の第一弾として搭載した。 

エンジンは新開発3.0リットルV6「i-VTEC」。これは、巡航時などには片側バンク3気筒を休止させ、11.6km/リットルという2.4リットル直4エンジン同等の燃費を達成した。「超-低排出ガス」認定を取得するとともに、平成22年(2010年)燃費基準に適合、3リットルクラスセダンで唯一グリーン税制の対象となった。

さらに車線維持支援機能と車速/車間制御機能を組み合わせた高速道路運転支援システム「HiDS」も採用、高速道路におけるドライバーの運転負荷を軽減し、快適性と安全性に寄与することを意図した。

価格は270万円から350万円、販売計画台数は国内2000台/月。なお従来兄弟車だった『セイバー』はインスパイアに統合された。
《高木啓》

編集部おすすめのニュース

特集