【MES2003】ナビテストもこの『WiLLサイファ』なら大丈夫?

自動車 テクノロジー カーナビ/カーオーディオ新製品

【MES2003】ナビテストもこの『WiLLサイファ』なら大丈夫?
  • 【MES2003】ナビテストもこの『WiLLサイファ』なら大丈夫?
  • 【MES2003】ナビテストもこの『WiLLサイファ』なら大丈夫?
  • 【MES2003】ナビテストもこの『WiLLサイファ』なら大丈夫?
トヨタ『WiLLサイファ』といえばG-BOOK対応のSDカードナビを標準装備したクルマだが、「測位性能と描画能力に満足できない!!」という理由から市販(後付け)ナビのインストールにチャレンジしたのがサウンドフォレストが出品したサイファだ。

純正の2DINオーディオを取り外し、そこにイクリプスのハードディスク(HDD)カーナビ『AVN8803HD』をインストールしてある。

「G-BOOKはこの状態でも使えますが、車速パルスをHDDナビの方に接続してしまったので、SDカードナビとしての機能は潔く切り捨てました。機能的には一昔前のCDナビ程度の使い勝手しかありません」と語るのは、同社の代表である小林澄雄さん。

AVN8803HDはDVD再生が可能なため、既存のモニターにDVDの画像を映し出し、ナビ本体では地図画像を表示するようにしてある。また、SAVVのリアビューモニター『LBM-S5000』を採用しており、運転席に座った状態でもDVDの画像を見ることができる。

2DINのヘッドユニットを採用していたことや、エアコン制御が独立していたことから工作は比較的簡単だったというが、いろいろなナビに囲まれていたいというユーザーにはこうしたクルマも受け入れ易いのではないだろうか。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集