不正車検でついに国の検査官を逮捕

警視庁交通捜査課は4日、不正車検にからみ、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで関東運輸局東京陸運支局検査官(当時)だった高橋規夫(47)と、車検代行業者『ドウノ・モータース』社長の堂埜忠一(68)を逮捕した。

自動車 社会 社会
警視庁交通捜査課は4日、不正車検にからみ、虚偽有印公文書作成・同行使の疑いで関東運輸局東京陸運支局検査官(当時)だった高橋規夫(47)と、車検代行業者『ドウノ・モータース』社長の堂埜忠一(68)を逮捕した。

両容疑者は2001年8月に共謀し、虚偽の自動車検査票を作成し、提出した疑い。同課は、事件に関わったと見られる他の職員4人も書類送検する方針。国土交通省は同日、自動車交通局長名で再発防止に努める旨のコメントを出した。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集