念願の自動車会館を正式決定---豊田章一郎・自動車会議所会長

自動車 社会 社会

日本自動車会議所は3日、都内で2003年度通常総会を開き、事業計画や役員改選などを承認した。同時に、自動車会議所が開設準備委員会を設置して推進してきた「日本自動車会館」を来春オープンすることも正式に決めた。

役員人事では、豊田章一郎会長(トヨタ自動車名誉会長)をはじめ正副会長はいずれも再任となった。自動車会館は、東京都港区芝大門の「NBFタワー」に開設することが内定していた。自動車会議所や日本自動車工業会、日本自動車販売協会連合会、JAF(日本自動車連盟)など、当初自動車10数団体が集中してオフィスを構える。

豊田会長は、同日の総会後の懇親会挨拶で「自動車業界の集中的な情報の受発信拠点として機能するとともに、各団体の業務の効率化にも貢献できる」と、述べた。自動車会館は、豊田氏が自動車会議所会長に就任した1993年に構想を表明していたもので丸10年で実現に漕ぎ着けた。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集