ライコネンとラルフが路上でバトル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

ライコネンとラルフが路上でバトル
  • ライコネンとラルフが路上でバトル
マクラーレンのキミ・ライコネンとウィリアムズのラルフ・シューマッハがドイツ、シュトゥットガルト市の路上でF1マシンを走らせた。これはドイツの自動車クラブADAC(Allgemeine Deutsche Automobil-Club)の100周年を記念して企画されたイベントの一環。

両ドライバーは「MP4-17」と「FW24」に乗り、市内の道路に特設された800メートルのサーキットでレースを行った。レースとはいえ、タイム計測などはなく、勝敗のつかないものだったが、会場には5万人もの人が詰めかけた。

イベントに参加したラルフは「すごく楽しかったよ。エンターテイメントとしても素晴らしいし、モナコへのいい準備になった。でも180km/h以上出せなかったから、1速と2速しか使わなかったけどね」と感想を語っていた。
《編集部》

編集部おすすめのニュース

特集