【スバル『レガシィ』発表】あれこれ削って素材も変えて---軽量化

自動車 ニューモデル 新型車

【スバル『レガシィ』発表】あれこれ削って素材も変えて---軽量化
  • 【スバル『レガシィ』発表】あれこれ削って素材も変えて---軽量化
  • 【スバル『レガシィ』発表】あれこれ削って素材も変えて---軽量化
  • 【スバル『レガシィ』発表】あれこれ削って素材も変えて---軽量化
新型『レガシィ』を先代と比較した場合、最も変わったという点はどこなのか。スバル商品企画本部で新型レガシィの開発責任者を担当した清水一良・プロジェクトゼネラルマネージャーは「軽量化です。これはもうとことんまでやりました」と説明する。

車体の軽量化を目指すプロジェクトは、新型レガシィの開発以前から始まっているという。「軽量化の実現性を車体を構成するパーツレベルから見直す」をテーマに、先代レガシィがデビューした年(1996年)の後半からプロジェクトがスタートした。部品では素材や加工方法の見直しを。車体構造についても一から見直しを図り、先代レガシィを越える剛性を持ちながらも、先代比で実に230kgも軽量化を実現できるメドをつけた。

ただし、市販モデルとなる新型レガシィでは全幅の拡大や剛性感の向上、そして足回りの強化など現実に則した改良となったため、先代モデルと比較した場合の重量減は100kgに留まっている。車体を構成する部品については、ほぼ全てが新しくなったとしており、キャリーオーバーされたのはごく小さな部品しかないという。

清水プロジェクトゼネラルマネージャーは「230kg削れる要素があるのにも市販では100kg削っただけかと言われてしまうかもしれませんが、他社さんでは10kg落としただけで大騒ぎになりますよね。それを考えると“どうだ、マイナス100kgだ。すごいだろう”と言ってしまってもいいんでしょうね」と、あくまでも淡々と語り続ける。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集