パトカー発注はぜひうちに、とGM、クライスラー

自動車 ビジネス 企業動向

パトカー発注はぜひうちに、とGM、クライスラー
  • パトカー発注はぜひうちに、とGM、クライスラー
  • パトカー発注はぜひうちに、とGM、クライスラー
  • パトカー発注はぜひうちに、とGM、クライスラー
アメリカのパトカーは、フォードの『クラウンビクトリア』の独占的なマーケット。しかし昨年以来ビクトリアが燃料漏れを起こして走行中に炎上する危険性などが指摘され、いくつかの警察から訴えを起こされたことなどもあり、GMとクライスラーはこの機に巻き返しを図っている。

全米の警察でフォードへのボイコット運動が高まっており、年間8万台程度の販売量とはいえ一般へのアピール力が強いパトカーへの参入はGM、クライスラーにとって長年の夢でもあった。

GMでは2004年発売のシボレー『タホ』で6000台程度のシェアを確保したい、としている。タホは、初の高速チェイスが可能なSUVパトカーとして開発された。このほかGMではシボレー『インパラ』でポリスパッケージを販売している。しかし耐久性、室内の広さなどではビクトリアに及ばない、と警察からの評判は今いち。

クライスラーでは『モパー』のポリスパッケージがあるが、来年大型のリアドライブを発売する予定だという。またダッジはパトカーとして長い歴史を持っており、現在『マグナム・バン』を積極的に売り込んでいる、という。

来年以降、アメリカのパトカーに大きな変化が見られるのか、注目。
《Sachiko Hijikata, US editor》

編集部おすすめのニュース

特集