【トヨタ『ラウム』発表】こだわりはサイドビューだけではない

自動車 ニューモデル 新型車

【トヨタ『ラウム』発表】こだわりはサイドビューだけではない
  • 【トヨタ『ラウム』発表】こだわりはサイドビューだけではない
  • 【トヨタ『ラウム』発表】こだわりはサイドビューだけではない
  • 【トヨタ『ラウム』発表】こだわりはサイドビューだけではない
新型『ラウム』の特徴は、センターピラー内蔵ドアを始めとするサイドビューだけではない。フロント、リア、インテリアなど細部に至るまで考えられたカーデザインならでは、というユニバーサルデザインに対するこだわりをトヨタデザイン本部・第2トヨタデザイン部グループ長の駒田一彦氏に聞いた。

「まずフロントですが、バンパーのピークラインを高くして、歩行者の関節を打撃しないように配慮しました。ボンネットにも厚みを持たせています。リアはコンビネーションランプを先代のDピラーから下げて(Dピラーを細くして)後方視界を広げるとともに、バックウインドウをサイドから回り込ませることによって、スタイリングも表現しています。インテリアは『ユーザー対話型』開発を重点において、10案以上の試行錯誤を繰り返しました。今まで以上に生活に密接した使い方ができるはずです」と駒田氏。

「ユニバーサルデザインというとおもちゃっぽい、機能を最優先した、というイメージがありますが、それだけにならないように、上質で親しみやすいデザインを目指しました」と駒田氏は最後に語った。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集