【ホンダ『エレメント』発表】日本でも「これは売れる」という予感

自動車 ニューモデル 新型車
【ホンダ『エレメント』発表】日本でも「これは売れる」という予感
  • 【ホンダ『エレメント』発表】日本でも「これは売れる」という予感
  • 【ホンダ『エレメント』発表】日本でも「これは売れる」という予感
  • 【ホンダ『エレメント』発表】日本でも「これは売れる」という予感
  • 【ホンダ『エレメント』発表】日本でも「これは売れる」という予感
アメリカ人が好むクルマに仕立て上げられた『エレメント』だが、LPL=ラージ・プロジェクト・リーダー(開発責任者)の松嶋稔郎さんは「今までの経験から考えると、これが日本でも売れるという予感はありますよ」と語る。松嶋さんは初代『オデッセイ』の一部を担当しているが、エレメントを取り巻く状況というのが当時とよく似ているのだという。

「過去を振り返ればオデッセイが出た当時というのは、日本ではワンボックス全盛であり、アメリカ的なミニバンは無かった。だからこそオデッセイというクルマは奇異に映ったらしい。『アコード』をベースに、セダン的なアプローチで作ったミニバンですが、当時はやはりいろいろと言われました。“北米にしか目を向けていない、国内はどうするんだ”とか。それでも使い勝手が良くて爆発的にヒットした」

「先々代の『アコード・ワゴン』もそうですね。あれが出るまで本格的なステーションワゴンの市場が日本に形成されることはなかった。ましてやワゴンがセダンよりも売れるなんて誰も考えなかった。クルマっていうのはそういうところがあるから面白い」

「今回のエレメントも細かい部分では作りこんでいます。今までのSUVに満足できなかった人たちのツボを突くような感じで。レジャをーとことん楽しむアメリカ人が満足するように作ってあるのですから、日本でも絶対に通用する。売れそうにないという前評判のクルマこそがヒットするという、ホンダのジンクスみたいなものもありますから(笑)、エレメントもきっと大丈夫ですよ」と松嶋さん。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集